上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
覚え書きです・・・
クリスマスのプレゼント、今年は時間をかけて選びました。
私と主人からは郵便局で注文したお絵かきセット。色鉛筆に、
クレパスとスケッチブックにサンタさんからのお手紙が別便で届きました。

千葉のばぁばからは、アクアビーズの小さいアクセサリーバージョンのもの。
これが一番嬉しかったらしいけど、従姉妹が遊びに来た時に出して喧嘩になりました~




それと、主人の母から絵本をあげたいけど選びきれないので決めて欲しいとのことで・・・
予算内でセットになっているような本にしようか…など悩みましたが、こんなセレクトに。
まず、左からパンダのポンポンというシリーズで出ている本。
絵本はすぐに読み終えてしまう・・・ようになった頃に、古本屋さんで見つけたポンポンの別のお話がお気に入りで、
ちょうどクリスマスのお話も出ているのを見つけたので。
 大好きなパンダが主役のお話、しかもくいしんぼう。挿絵も可愛いタッチです。
パンダ以外の登場する動物キャラも面白くて、笑いながら読んでます。

2冊目は安野光雅さんの「はじめてであうすうがくの絵本」の1巻目。
なんだか両親とも理数系は苦手なのに、「そろばんが習いたい」と言って今年のクリスマスもサンタさんには
「そろばんください」と手紙に書く娘…
小学生になったら、習いに行っていいよとは言ってますが先にそろばんだけ与えたら、床をガーガー転がしそうで…

そこで、数字に関する本で主人も大好きな安野さんの本を選んでみました。
数学っていっても、間違い探しだったりとっかかりやすい内容です。

3冊目は、パンダの次に好きという猫が出てきて、感動するお話の本。
おじいさんと黒猫のお話で、これも楽天やアマゾンさんで評価がよかったので。

いばらひめ―グリム童話より


最後は、古典的なグリム童話も読んで欲しいと「いばらひめ」を。
まず娘がお姫様ものが好きって所を考慮。
それと、挿絵のエロール・カインという人に作品がとても美しいくクラシックな雰囲気だから。
小さい頃、私も挿絵がきれいな絵本を見て色々な影響を受けてきたので。

喜んで手にしていますが、今一番の愛読書は漫画の単行本の「あさりちゃん」
義妹が置いていった本棚の数冊を毎日読んでます・・・・幼稚園児にはどうかと思う内容です。
もうそんな昔の漫画なんて、と思ったらなんとまだ90巻以上続いているんですね!
私も小学校の頃読んでいたので、駄目!とはいえず…
もっと色々な本に触れてもらえるよう、また図書館に通おうと思います。

Comment

Post Comment


 
管理者にだけ表示を許可する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。