上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20110311bag1.jpg

2010年の4月に生地を予約をしたのでもうちょっとで1年寝かしてしまうところでした。
いつも小物作りは気合いをいれないと進みません・・・
ついつい服の方を先に、と気が付くと後回し。

リバティビニールコーティングのFergusグリーン地でrickrackさんのグラニーバッグの大きいサイズを作りました。

持ち手や口布部分、マグネットなどの付属はrickrackさんのものです。
20110311bag3.jpg

分かりにくいですが、内側の裏地部分は同じ色のタナローンで作りました。
ちょっと薄地なのでマグネット部分の耐久性が心配ですけど。。。
それと、ポケット部分がやはりふにゃ~っとしてしまいました、ゴムをもっとキツめに引けば良かったかも。
本のおまけだったCHECK&STRIPEさんのcuddlyタグを付けたので、真ん中部分のミシンを省いたのもいけなかったかも・・・

20110311bag2.jpg

それから持ち手部分がとても固くて、ビニコに縫い付けるのに失敗してほどいて・・・
としていたらビニコ、裂けました!
何とか持ち手で包んで隠してます(汗)
つなぎ目はやはり仕様書の方法だときれいになりそうも無いので、口布用のテープで包みました。

ビニコ自体は押え金さえかえれば簡単に縫えるデザインでしたが、なんだか疲れます小物。。。
苦手意識を克服しなくては~


(長いですが、追記)

すっかりPCから遠ざかった3月…もう10日も経ってますね。
またまた病気話ですが、先月は長女の嘔吐下痢がやっと治って、
次女も無事でと安心していたのもつかの間。
6日の夕方、主人と出かけていて、はしゃいで帰ってきた長女がなんだか耳が赤い・・・
夕食時にも少し食欲が無いようで、熱を測ると38℃・・・
3月に入ってから、主人と同時進行で花粉症の症状が出ていた長女。
目が痒いから始まり、くしゃみと鼻水はほぼ毎日のこと。

また花粉で鼻水が出て、ボーっとしているとばかり思っていたら違ったみたい。
と、風邪薬を飲ませいつもより早く寝かせて、
夕食時にリビングで寝ている次女がいつもなら1時間で
自分で這い出してくるのが、なかなか起きない・・・
目が覚めても、起き上がらずトロ~ンとしていて・・・
熱を測ると38.5℃~~~

解熱用の座薬を入れて、寝室へ。
翌朝の月曜日、熱は37℃台に下がったものの調子の悪そうな二人。
学校は休ませ、小児科へ連れて行くと疑いのある病気の検査は全て陰性・・・
細菌性の風邪らしいと、風邪の薬と熱さましを処方されて帰宅しました。

すると、午後小学校から連絡網が回ってきて「今日お休みが17人でそのうちインフルエンザが8人出たので
火曜と水曜は学級閉鎖になります」ですって…。
それを聞いたら、なんだか元気になってきた長女…。
でも、インフルエンザ予防接種が効いているだけで、またいつ熱がぶり返すかも。。。
なんて心配しつつ過ごした火曜水曜・・・結局2人ともねつが出たのは日曜から月曜まで。

と思ったら、今度は火曜の夜に私自身がくしゃみ鼻水が激しくなって発熱・・・
37.8℃まで上がりましたが、市販の頭痛薬で翌朝には平熱に。
でも寝汗をかくし、インフルエンザの時の様な節々の痛みがあるし。。。
水曜は大人しく家で養生して過ごしました。
なんだかハンドメイドどころじゃなかった2月~3月。
春物にシフトして、色々作りたい気持ちだけ焦ります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。