上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20141025obento1.jpg

秋の遠足、長女と次女、小学校と幼稚園が同じ日でした。
お弁当箱を長女が使っていたものをお下がりで次女に使っていて、
春の遠足では長女の使っていたお弁当箱を長女が、次女はもう1つあるしまじろうのお弁当箱を使っていました。
が、遠足前になって「しまじろうはもう使わないで」と次女が言い出し・・・
 小学5年で幼稚園サイズのお弁当箱もどうよ・・・・となり長女用に新しいお弁当箱を買うことに。
長女が選んだのが、グリーン系2段重ねタイプだったので今までの巾着だと入らず、
在庫布と近所の手芸店でパッチワーク用のカットクロスを購入して巾着とランチクロスを作りました。
20141025obento2.jpg

大き目のグリーンチェックはリネン100%で在庫布です。
上の花柄USAコットンですね、よくあるパッチワーク用のクロスで要尺少し足りなかったのでその分在庫布のギンガムの底布の方長くとっています。
使用した紐も手持ちの在庫から。細めでナチュラルカラーのものを合わせてみました。
ランチっぽいタグはCHECK&STRIPEさんの。赤と青も持っています。

ランチクロスのギンガム布もカットクロス。4隅を三つ折りしただけです。
サイズは、お弁当箱を測ったら手持ちのバックの本に載っていた巾着のレシピがピッタリ。

しかのむーるさんの「バッグ作りの基礎ノート」子供のために の3番の巾着です。


巾着。。。といえば、先日長女のクラスへ家庭科のミシンの授業のお手伝いに初参加。
キルティング地で巾着型のナップザックを作る授業でした。
縫い代の幅の太いこと。アイロン工程無しなので待ち針でしっかり止めて縫わないといけないのに
キルティングだからかちゃんと止められていない待ち針・・・刺し直しに時間が~
男の子の班担当だったのですが、まぁ一から教えないとボビンの入れる向きから違ってる。
先生はまぁ、大変だろうな~と思いました。
(ミシンが壊れないかも心配)
でも、ミシンが水平ガマでボビンの糸調子を見る必要が無いように教科書も今時対応に代わっているのを見て時代の変化を感じました~

思えば自分も家庭用ミシンばかり使いなれてて、職業用の糸調子さえもう何年も見ていないのでした。

Comment

Post Comment


 
管理者にだけ表示を許可する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。